企業情報

点火プラグ工場を増設/日本特殊陶業

2022年10月12日(水) AM5:00 EX) [有料会員限定]203文字


 日本特殊陶業(本社名古屋市)はこのほど、グループ会社で、点火プラグの製造を手掛ける日特スパークテックWKS(同小牧市)のさつま工場(鹿児島県)を増設すると発表した。約40億円投じて、既存工場の敷地内に新棟を建設する。補修用点火プラグなどの需要増に対応する。
 新工場の建屋面積は、約2千平方メートル。鉄骨造り3階建てで、延べ床面積は3700平方メートル。今月着工し、2024年7月の操業開始を予定している。

関連記事

#自動車 #名古屋
広告枠
広告枠