企業情報

販促物製作の良永社/立ち仕事 疲労軽減マット販売/製造業など労働環境改善に提案/年間50件目指す

 販促物を製作する良永社(本社名古屋市北区玄馬町144、間瀬美典代表取締役、電話052・909・6850)は10月中旬から、立ち仕事の疲労を軽減するマット「オーソマットⅡ(ツー)」の販売に乗り出す。ライン作業など、立ち仕事の多い製造業者の疲労緩和に貢献する狙い。「メッセナゴヤ2022」に出展することで新規顧客の獲得につなげ、年間50件の販売を目指す。(酒井田梨央)

2022年10月12日(水) AM5:00 EX) [有料会員限定]797文字

販売する「オーソマットⅡ(ツー)」


 同製品は、マット製造のクリーンテックス・ジャパン(本社兵庫県)が製造。同社は代理店として販売を手掛け、製品の拡販を狙う。
 マットの素材はNBRラバー。床に敷いて上に乗ることで、同素材の中に含まれるマイクロバブルが体重を分散・吸収し、床面からの反発力を約70%軽減する。断熱効果もあり、床からの冷気を防止することで労働環境を改善。光熱費の削減にもつなげる。
 火や熱に強く、製品の収縮や変形を防ぐほか、薬品や水分、油分にも強いため、雑菌が繁殖しにくい。角の厚みをなだらかな斜面に加工し、つまずきを防止するなど安全性の高さも特徴だ。
 製造業の組み立て・検査ラインに最適なロールタイプと、カットタイプの2種類を用意する。ロールタイプの大きさは、縦60センチ×横10メートル66センチから。マットの厚みは9ミリと15ミリから選べる。価格は16万円から。カットタイプの大きさは、縦30センチ×横50センチから。マットの厚みは19ミリ。価格は6500円から。工場を視察し、サイズの提案をすることも可能だ。
 主に、製造業に訴求する。担当者は「愛知県は工業系の企業が多い。地場産業に対して訴求し、新たな販路を開拓していきたい」と意気込む。
 今後、営業での対面販売を予定。販売状況に応じて、自社のウェブサイトでの販売も視野に入れ、年間600万円の売り上げを目指す。「同製品の販売を、販促物など他の資材での顧客との接点にしていきたい」と話している。

関連記事

#その他 #名古屋
広告枠
広告枠