企業情報

名古屋三越栄店/生鮮コーナーに新店舗2店/29日にリフレッシュオープン

2022年10月12日(水) AM5:00 EX) [有料会員限定]364文字


 名古屋三越栄店(名古屋市中区)は11日、段階的に改装を進めている地下1階食品売り場の生鮮コーナーを29日にリフレッシュオープンすると発表した。生鮮コーナーの改装は11年ぶり。
 青果店「京都八百一」と精肉店「柿安本店」を新たにオープン。青果売り場は、面積・取扱品数ともに従来の倍に増やす。柿安本店は、栄地区への出店は初めて。
 そのほか、鮮魚店「魚忠本店」、果物・スイーツ店「hanafru(ハナフル)」を移設・改装し、計4店がリフレッシュオープンする。
 青果・鮮魚・精肉の生鮮3品に加え、パンと総菜も含めた「生鮮5品」の枠組みを考案。食品売り場を「フレッシュマルシェ」と名付け、顧客の食のライフスタイルに合わせた売り場構成で買い回りを促進する。
 担当者は「買い物の導線を作ったことで、フロアの活性化を期待している」と話している。

関連記事

#その他 #名古屋
広告枠
広告枠