企業情報

PHOTO NEWS

2022年10月12日(水) AM5:00 EX) [有料会員限定]289文字

第77回国民体育大会「いちご一会とちぎ国体」は11日、宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎで総合閉会式が行われ、閉幕した。新型コロナウイルス禍で国体の開催は3年ぶり。東京が5年ぶり16度目の男女総合優勝(天皇杯)を獲得した。栃木は2位で、開催都道府県が総合優勝を逃したのは2017年愛媛以来。女子総合優勝(皇后杯)も東京が5年ぶりに手にし、栃木は2位だった。競技最終日の10日は、陸上成年女子5000メートルで山本有真(愛知・名城大)が大会新記録の15分16秒71で優勝した。同800メートルは田中希実(兵庫・豊田自動織機)が制した。来年は10月7~17日に鹿児島県で開催される。

関連記事

#その他 #その他
広告枠
広告枠