企業情報

刈谷商工会議所 創立70周年記念/時代のニーズに合わせ伴走支援/「おいしい銘品」選定/記念事業 優れた土産品など認定/地域経済の発展と成長に貢献/刈谷商工会議所会頭 太田 宗一郎/企画・制作 中部経済新聞社 三河支社

 刈谷商工会議所は、ことし創立70周年の節目を迎えた。刈谷市の地域経済団体として地域のニーズに対応するとともに、会員事業所の伴走型支援を積極的に展開。「刈谷モノづくり大学」など、独自の事業や次世代の経営者育成などで、存在感を高めている。

2022年10月12日(水) AM5:00 EX) [有料会員限定]1,946文字

㊤刈谷市の成長と共に発展する刈谷商工会議所 ㊨次世代を担う経営者の育成にも力を入れている(若手経営者養成スクール)


 刈谷商工会議所は1952年4月に、愛知県で9番目の商工会議所として設立。商工業バランスの取れた事業を推進してきた。近年ではSDGsなど、時代の変化に対応した情報を積極的に発信するなど、地域の中小事業者への使命を果たしている。 【ニーズに対応した独自事業】
 刈谷商工会議所の特徴は、時代のニーズに対応した事業展開にある。次代を担う人材の育成については本年度、若手経営者育成講座「若手経営者養成スクール」を開講。全5回シリーズで、経営を担う上で必要な経営戦略概論やリーダーシップ、人材採用・育成などを学んだ。
 また、デジタル化支援では、西日本電信電話(NTT西日本)東海支店と連携協定を締結。連携協定を受けて、同会議所内にデジタル化支援相談窓口を開設し、窓口相談を通じて会員事業所のデジタル化導入・定着を支援する。デジタル化推進に関するセミナーも8月に開催した。今後も事業者の業務効率化などデジタル化を進めていく。
 創立60年に当たる2012年度に「オープンカレッジ構想」の一環として開始した、経営支援事業「刈谷モノづくり大学」(刈谷市委託事業)は、企業の経営課題に合わせて各分野の専門家を派遣し、相談内容に応じて専門家と経営指導員がきめ細かく課題解決に導く手法として高く評価されている。日本商工会議所の事業活動表彰を受賞している。
 時代のキーワードともなっているSDGs(持続可能な開発目標)では、昨年度に表彰制度「刈谷SDGsアワード」を創設。SDGsの優れた活動を実施している企業を顕彰するもので、6社の応募の中から最優秀賞に角文、優秀賞に加藤精工と藤久運輸倉庫を選んだ。 【70周年記念事業】
 本年度の70周年では、多彩な記念事業が行われている。
 一環として、刈谷市の優れた土産品や贈答品を認定する「刈谷のおいしい銘品」を実施。市内31事業所から応募があった食品や菓子などを審査し、58品目を認定した。認定品はパンフレットを作成して市内全域に配布するほか、認定シールを添付して販売できる。刈谷ハイウェイオアシスやトヨタグループなど市内に立地する大手企業にも紹介する。
 また、創立70周年記念式典は10月11日に刈谷市総合文化センターで開催された。
 さらに、同会議所女性会と青年部は12月6日午後6時半から、刈谷市の市総合文化センター大ホールで、創立70周年記念事業の一環として、合同公開講演会「さかなクン講演会」を開催する。東京海洋大学名誉博士・客員教授の「さかなクン」を講師に、SDGs(持続可能な開発目標)を考える内容にする。
 刈谷商工会議所は、昭和27年4月に初代会頭
 石田退三氏のもと、愛知県下9番目の商工会議所として設立され、今年で70周年を迎えることができました。
 この間、地域の総合的経済団体として地域経済の発展を使命に様々な活動を続けてこられたのも、歴代会頭・役員・議員をはじめ会員の皆様方のご尽力と関係各位のご指導・ご鞭撻の賜物であり、深く感謝いたします。
 この70年の間には、戦後復興期、高度成長期を経てオイルショック、バブル景気の崩壊、リーマンショック、東日本大震災など、多くの苦難に直面してまいりましたが、そのたびに先人たちの果敢な挑戦によって変化に対応し、刈谷市は愛知県の経済発展の先駆的役割を果たすとともに自動車産業をはじめとする重要な産業拠点として、飛躍的な発展を遂げてまいりました。
 現在、われわれは、感染症パンデミックによる社会経済活動の停滞や行動様式の変化、激しい気候変動とカーボンニュートラルへの取り組み、海外情勢の不安定化、資源資材不足と高騰、少子高齢化の進展、デジタル化の進展など、新しい試練と変革の時を迎えています。
 こうした変革の時期にこそ、地域経済や雇用を支えている中小企業・小規模事業者の活力強化が必要であり、企業が持つ自己変革力を最大限発揮できるよう、デジタル化による生産性向上、事業再構築、収益力回復や事業再生・再チャレンジ、事業承継、創業支援など、伴走型で支援する商工会議所の役割がますます大きくなってまいります。
 刈谷商工会議所は、これからも皆様のお役に立てる、頼りにされる商工会議所を目指し、多くの人の声を聴き、行政・関係機関と連携しながら、中小企業の経営課題と地域の抱える課題の解決を通じて、地域経済の発展と成長に貢献してまいる所存ですので、今後とも引き続きご支援とご協力をお願いいたします。

関連記事

#財界 #三河
広告枠
広告枠