企業情報

奮闘の日々/20代のフレッシュパーソン/(435)/横山興業 自動車事業部業務管理部業務課業務係/石川洋樹(いしかわ・ひろき)さん

2022年10月12日(水) AM5:00 EX) [有料会員限定]786文字

「周囲から信頼される人になりたい」と話す石川さん


 横山興業(本社豊田市千石町1の11の1)は、自動車部品のプレス・溶接加工をはじめ、建築資材の加工・販売、太陽光発電事業などを手掛けている。自動車事業部業務管理部業務課業務係に所属する石川洋樹さん(28)は入社6年目だ。
 出身は安城市。周辺には自動車関連の企業が多く、漠然と将来はその道へ進もうと考えていたという。就職活動で同社に出会い、幼いころから身近にあった製造の仕事だったことはもちろん、従業員の人柄の良さや柔軟な働き方などに魅力を感じ、入社を決めた。
 石川さんは、顧客から製品のオーダーが入ると、見積もりや金型などの手配、工程ごとのスケジュール管理、納入までを一貫して対応する。「やらなければいけないことは多いが、社内のさまざまな部署の人と関わることができる貴重な仕事だ」と力を込める。
 一方で、多くの人と関わる仕事だからこそ、いろいろな要望や意見に板挟みになって苦労もした。少しずつ経験を積んでいくうちに「何が必要なのか、優先すべきことを見極めることができるようになってきた」と、自身の成長を実感する。
 仕事でやりがいを感じる瞬間は数えきれない。だが、一番は「自分が製造に関わった自動車を街中やテレビCMで見かけたとき」という。部署では最年少の石川さんだが、時に石川さんからも積極的に意見を出し、協力し合って仕事を進めている。
 石川さんが目指すのは、「細かな心配りができて周りから信頼される人」。社内だけでなく社外の人とも関わるポジションだからこそ「仕事の上で、良いことも悪いこともみんなから気軽に相談してもらえるようになりたい」と意欲を燃やす。
 そんな石川さんの趣味は、ブレイクダンス。高校生のときにダンスと出会ってからはダンス一筋で、休日はもちろん、仕事終わりにも練習するという熱中ぶりだ。「仕事とダンスを両立し、どちらも全力で取り組みたい」と笑顔を見せた。

関連記事

#自動車 #三河
広告枠
広告枠